武漢市民の様子

地球の友よ会

コンタクトマンのミツシュウラです

 

武漢市民の様子を伝えている動画を見つけましたので、紹介します

 

【中国武漢】武漢市民はどのような生活を送っているのかお伝えします

 

市民の日向ぼっこをする様子にはほっこりしますね〜

初めての買い出しの映像にはスーパーに沢山の野菜が並ぶ様子が出ましたが、消毒液だらけとなっていましたよ。

 

九州で発生した口蹄疫とか鳥インフルエンザ対策の時みたいだなと思って見ていました。

 

道路が封鎖されたり、消毒液があちこちにあったりしましたからね。

 

場所によっては普通に買い物もできているようですが、ボランティアの人たちの温かい助けを見て、胸が熱くなりました。前回の記事で書きましたけど、やはり人を助けるというのは共通であり、中国でもいい人たちが大勢います。

 

筆者は4年間北京に住んでいた時代に親切にしてもらった経験が山ほどあるので、中国人の穏やかで優しい側面を沢山知っています。その当時はまだネットがあまり普及されていませんでしたから、大手メディアから流される中国のネガティブキャンペーンを見ていた人たちから、悪い印象を持ってしまっている日本人が多いのですよ。

 

でも今は移動も安くて楽になり、どこでもネットがありますので、普通の人たちが伝える情報も増えましたので、別の側面が出てきたように思います。

 

今度の武漢ウィルスも、勇気ある市民たちの叫びや窮状を伝えたために、救済をする中国人や大陸外の人々の動きにり、中国政府も折れています。誤った中国人の固定観念もなくなっており、普通の人間として、時には政府に立ち向かう勇気ある姿を見ながら、世界は変わりつつあるように思いました。

 

さて、新型コロナウィルスですが、大紀元のニュースを見ていてわかったことを紹介します。

 

中国では14日間に症状が出なければ、その人は感染していないという判断をしており、それを元に感染者数を出しており、検査をして陰性であれば勘定に入れていないため、実数ではないということ。

 

検査には出ていないけど、CTをとったら感染していることがわかる場合もあり、現在ct検査をする方向にいるようですが、人が多いので、検査にも相当時間がかかると思われます。

 

そしてこれが一番大事ですが、一度病院に行って陰性だったと診断されて、家に戻ったら実は感染しており、家族全員に移ってしまった人たちが多かった模様。最初の段階では症状についても色々とわからなかったので、検査にも判断にも問題があったようです。

 

日本ではこのウィルスは大した問題ではないという医師の見解も多く、まだまだ体制は不十分なまま、すでに感染している人たちが大勢いる状態です。

 

 

しかし、日本の場合は、まだ感染の疑いのある人しか検査対象になっていません。症状がなかったら普通の生活をしているので、これは武漢の初期段階の時と同じ対応なんですよ。

 

とりあえず様子を見て、何かあったら対応するという後手に回っており、予防も何もしていない状態で、安全だとか、過剰判断はしないで経過を観察するとか、それだけにとどめており、実際には何も対策はしていないので、武漢と同じ対応なんです。

 

例えば今日は沖縄についた中国人たちが2500人も観光していたことがわかりましたが、その人たちに接触した人しか検査範囲ではないのですね。

 

もし感染している場合、症状がなければ病院には行きませんし、潜伏期間は14日という定義になっているので、それを過ぎたら感染していないというガサツな判断になっており、判断自体が正確ではありません。

 

仮に感染者がいた場合、普通に生活をしており、家族とも接触しています。その人たちの中に症状が出て初めて普通の病院に行って、そこでコロナ肺炎の検査をしなければ、普通の風邪として自宅に戻ることになります。

 

武漢の時と同じです。

 

そこで時間が経ってから発症すると、慌てて病院に行き、検査を受けてから、判断が下されますが、その時はすでに広範囲との接触をしており、感染者が増えていくことになります。

 

はっきり言って、日本の対応は、武漢の対応と同じですから、そうなってもおかしくない状態です。

 

数が増えたらどうなるか。対応ができなくなり、その間に感染者が多くなり、封鎖や規制がかかることになります。

 

準備だけでもしていたら、いざとなった時に大丈夫ですけど、仮になんの準備もしていない場合は、マスクの時のように慌てて買い出しに入るので、品切れになってしまいます。

 

そうなったら、困る人が沢山出てくるのに、他人の様子ばかり見ていて、何もしないからそうなってしまうのです。

 

判断力のある人たちは、すでに早めの対応をしているので、何かあった場合でも大丈夫っですし、買い出しさえしておけば、何もなくても食べるものは無駄にならないので、問題にはならず、むしろ安全です。

 

 

先日、夜になってから冷凍野菜を買いに行ったら、人はおらず、しかも3割引セールで格安で買えました。ついてました。しかも今週末から大雪の寒波が来るので、いいタイミングでした。

 

なんでもスムーズなんですよね。

 

力むこともなく、簡単にことが運ぶ。

 

 

摩擦のない状態です。

 

 

いざ何かあった時には、それこそ、助け合いの心で乗り切るだけの心の余裕があるのよ。

 

準備さえしっかりしておけばね。

 

 

 

 

それが平和と愛の心なのではないかな?

 

 

宇宙世界は今日も平和です

 

 

ミツシュウラでした

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。