未来は脳の使い方によって分かれる

未来予知

コンタクトマンのミツシュウラです

 

北海道はここ数日の間、大雨警報が出ており、今日は雨の天気予報でしたが、札幌は雨は降らず、空は晴れていました。おかげでとても蒸し暑い一日でした。

 

人に聞いた話によると、朝は雨が降っていたのだそうですよ。

 

突然晴れて、大雨という天気予報通りにならなかったので、(不思議な天気ですね)と言われました。

 

(13時28分に撮影した空模様、リアル天気の子が空を晴らした様子)

 

 

いや、まじ暑かったから、空を晴らさないで欲しかったよね(笑)

 

 

本当は大雨だったから、晴れてよかったんだけども。

 

 

そんな感じで、猛暑となり、蒸し暑くて、なかなか大変でした。

 

 

そして、8月は猛暑の予報が出ております

 

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6331450

 

 

このブログで、日照不足の時も一貫して、梅雨が空けたら猛暑になるよとお伝えしてきましたが、その通りの展開になっております。

 

コリンさんの予知はいつもぴったりと当たりますわぁ〜。

 

 

ゴイスー!

 

***

 

さて、韓国の輸出規制に対して、国民の9割が賛成という、いかにも嘘っぽいニュースが出ております。(夕刊フジ)(→盛るよね〜!)

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190727-00000009-ykf-soci

 

それをバックアップするトランプ大統領は、中韓を優遇するべきではないとWTOにて主張とありました

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190727-00000017-kyodonews-bus_all

 

 

ついに、親玉が出てきましたぜ。

 

 

 

ようやくですが、日刊工業新聞では、米中戦争の代理という記事が出ていました。

韓国「ホワイト国」除外に米中の代理戦争あり|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
こちらは、韓国「ホワイト国」除外に米中の代理戦争ありのページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

 

 

薄々みんなわかっていると思うけども。

 

 

韓国を追い詰める理由は、中国の躍進を止めるためなんだろうということです。

 

中国に喧嘩を売っているからこそ、韓国はこれ以上追い詰めると、予期せぬ事態になるという警告を出しているわけですね。

 

 

日本の世論が9割が賛成というのは、盛りすぎであり、そこには明らかに政治的な意図が働いており、世論誘導があるということ。先の戦争をきちんと直視してきた人間であれば、自ずとわかることであります。

 

しかし、ネットでは、未だ韓国を叩く人たちが大勢います。

 

 

代理戦争に加担して、火に油を注いで、やっているわけです。

 

 

だから、このままいくでしょう。

 

 

 

韓国がどうとか、中国がどうとか、所詮は政治の話であって、市民は平等であり、同じ立場の人間ですから。国という思想を巡って市民までが争うべきではないと思いますけどね。

 

でも、国という人間が決めた枠組みで、議論を戦わせているのであれば、その先に進んでいっても仕方がありません。

 

果たしてそれはみんなが望む未来なんでしょうか?

 

***

 

 

京都アニメの犠牲者のご親族が新聞に書いていた記事を読んだのですが、いつもどおりに出社していき、火災の被害にあってしまったそうです。

 

おそらくその瞬間まで、全くこんな災害が起こるとは思ってはおらず、さぞ無念だっただろうとご本人やご家族の心中を思うと、残念であります。

 

筆者がずっと話し続けているのは、実はこのことに尽きるのです。

 

 

みんな一瞬先は闇なんだよと強く言いたい。

 

 

それがわかっていないと、未来の問題を想像できず、問題は避けられないからです。

 

 

 

正常性バイアスって言うんだって。

 

予期しない事態に遭遇すると「ありえない」という先入観や偏見(バイアス)が働き、物事を正常の範囲だと自動的に認識するそうです。

 

その結果、震災などでも逃げ遅れてしまい、被災してしまう人が多かったそうです。

 

そんな大きな津波は来ないだろうと言う、(過去に基づいた)憶測が働いてしまい、逃げ遅れた人たちが多かったとのこと。

 

筆者がずっと主張し続けてきたことが、この言葉に集約されています。

 

 

 

これまで書いた言葉で伝えると、人間の脳は、過去の記憶から推測するために、正しい未来予知ができないのです。

 

脳の使い方が、そうなってしまっている人が多い。

 

予知能力がない人たちの典型的な脳の使い方だと思います。

 

そこに気づかない限り、意識の転換ができない気がします。

 

 

 

平常通りという意識は、震災などの予期せぬ時に足かせになってしまい、間違いの元であると証明されているのですね。

 

 

韓国の輸出規制の話をこんなに書き続けているのも、同じ理由です。

 

(ここまで書いている人は、いないと思う)

 

 

過去の例から、そんな大したことにはならないよと、楽観視してしまう人がおそらく多いのだと思います。

 

でも、未来は過去の延長ではなく、必ずや想定外のことが起こるのです。

 

 

韓国が警告している危険なことに巻き込まれる可能性を、しっかりと考えるべきだと思います。ありえないと思っていると、問題がおきた時に誰も対応できませんよね。

 

 

 

 

筆者は昨日強く感じたのですが

 

やはり、みんな未来がわからないから、何ら動きが取れないのだろうなと。

 

 

だから今の時点で何を言っても、信じないのだなと思います。

 

過去の記憶から判断している人たちは特にそうなると思います。

 

 

もし未来が(自分の頭の中に)見えていたら、先に向かって行動する人は増えるだろうと思います。しかし、それには予知能力がないと無理ですよね。

 

筆者は(この8年間)ずっと未来に備えて行動選択をしてきたのですが、それはその時になって対処できるはずもないとわかっているからです。

 

(現実目線だからさ〜)

 

 

 

実際の未来は、誰も想定できない未来であるということ。

 

 

正常バイアスから意識を現実に向けるためには、未来は想定以外のことが起こると、ちゃんと自覚しておいた方が、いいと思います。

 

 

脳の使い方が大事だというのも、そういうこと。

 

 

過去の記憶から未来を予想する人

 

自分の想像で未来を語る人

 

未来は予想できないことだと自覚している人

 

現実をよく見て、未来を予測する人

 

未来を予知できて、先に行動する人

 

 

エトセトラ、エトセトラ

 

 

未来は脳の使い方によって変わると思います

 

 

宇宙世界は、今日も平和です

 

 

ミツシュウラでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。