未来はずっと前から決まっている

コンタクトマンのミツシュウラです

大分寒さも緩んできました。これから暖かくなりますが、気温の変化する時期は、地震に注意時期となります。急に気温が上がったら、地震に注意願います。

さて、昨夜ワードプレスのサイトを、ドメインに移行しました。無事に終わって何よりです。なんか難しいようなことが書いてあったのですが、簡単に終わりました。急サイトは2月18日以降は削除する予定です。

ワードプレスは本当に書きやすいので、移行して良かったです。何よりアクセスが早いし、編集もずっと楽になりました。前のサーバーは簡単だったけれども、遅かったし、途中で異常終了となることも多かったです。

ただブログというのはいつかは消えます。それが運命です。ですから、できるだけ書籍に書いて記録として残していきたいと思っています。それが私の役割の一つかなと思います。なので、ガチの宇宙の話は、いずれ書く書籍を読んでみてください。まだまだブログにも会報誌にも書いていないコアな情報は沢山あります。宇宙世界には上には上があり、天井がありませんからね(笑)


今日は未来予知のお話をしようと思います。

昨年の10月頃に、ちょうど宇宙カレンダーを作成していた時期ですが、今年の冬は暖冬になるとコリンさんが話していました。

私はその話を聞いた時に、前頭葉にふっとある映像が浮かびました。それは大寒波がきている映像でした。ですが、コリンさんは今年が暖冬だと話していたので、私は自分の気のせいだろうと思いました。

12月になっても暖冬の影響で、札幌はずっと暖かく、雪も全く積もりませんでした。クリスマス時期なのに路面にアスファルトも出ており、ブログにも記事で紹介しました。しかし私の前頭葉にはなんども大寒波の映像が映り込んでおり、宇宙カレンダーの2月にも風邪をひく人が多かったので、おそらく2月に大寒波が来るのではないかと、昨年の段階で思っていました。

私の頭の中に写り込んでいた映像ですが、実はテレビのニュース映像でした。ニュースの天気図にはロシア付近から冷たい寒波がおりており、(青い色だった)北海道も影響を受けるという内容でした。大陸から冷たい寒気が流れて来るのだけれども、その寒気がかなり冷えている様子だったのです。

すると今月になって、アメリカで大寒波のニュースが流れてきたので、いよいよ来るなと思っていました。するとニュースなどでも北海道に寒波が来るという情報が入るようになったのです。そう、予知映像のニュースが流れたのですよ。

で、やっぱりかと思いました。そこから結構覚悟をしていたのですが。

その時期に、その原因について、極の渦が二つに分かれてという内容だったので、その瞬間に、あ、コリンさんが以前話していた内容だと、思い出したのです。頭の中でつながったのでした。

頭の中に予知映像が出ていた段階で、自分の意識の中に、寒波への覚悟のようなものが芽生えており、実際に来るとなった段階で、自分のところにきたことへの変な納得感がしました。よその地域に来るのではなくて、自分がそれを体験するという、未来予知だったんだなと。

そして、予知が見えたのだから、これは気をつけなければならないのだろうという、危機感もありました。だから今回はずっと自宅にいて、むやみに外出をしませんでした。結果的に、風邪もひかず、事故にもあいませんでした。蓋を開けたら交通事故は多いし、火事や凍結などの大変な状態があちこちでニュースになっていましたから。無事に過ごせて本当に良かったなと思いました。

さらに、人工太陽が見えるのではないかという期待もありましたが、実際にすごい景色を間近でみられたので、そこから一気に危機感が消えて、感動に変わりました。だって空があっというまに目の前で晴れるのですから。今日だって外出するとなったら、吹雪がたちまち晴れたのです。

結果的に、地球の異常気象に対しての、恐れというか、危機感が軽減されていますし、自分が身をもって経験したことを、そのまんま伝えようと思いました。天候を操作する惑星連合の世界について、世の中の人にそのまんま伝えることができたので、良かったと思っています。これからも伝え続けようと思っています。

そこで今回の未来予知で思ったことを書いておこうと思いました。

前頭葉で映像が見えた時は、12月まで暖冬だったので、大寒波になるのかと自分でも疑問に思っていました。だから予知だと思うたびに、そうだろうかという疑問もありました。現実になると思ったのは、アメリカの大寒波のニュースを見た時でした。

人間はたとえ予知映像が頭に見えたとしても、なかなか信じられるものではありません。だから自分で確信がないものですから、それを文章に書いたりすることもできませんでした。

世の中には沢山の(自分の思い込み)未来情報を、あたかも確信があるように書いている人がいるけれども、それは結局外れています。予知映像というのは映像として頭の中で正確に見えるものだけれども、自分が過去に見たことのない映像なので、余計に信じることが難しいです。ですが脳内の予知映像が増えてきたら、おそらくもっと自然に処理できるようになるだろうと思います。

今回見えた予知映像は、かなり具体的で正確だったので、実際にニュース映像を見た時には本当に驚いて飛び上がりました。うわっとなった(笑)でも頭に情報が入っているので、冷静でもありました。喜んだりとか、自分が見れたと得意になったりとか、低次元のエゴは一切働きません。頭の中で事実とリンクしていたため、処理することに脳が使われていたからだと思います。

それで、今回の予知映像がなぜ見えたのかというと、一つの重大なキーワードがあり、それが頭の中に大きくクローズアップされました。極渦というものです。これはすごく大事な情報だというひらめきがありました。これから注目していきたいと思います。

今後もこの種の予知映像が頭に見られた時に、事前に人に伝えるかと聞かれたら、私の性格として、人に伝えないと答えます。一つの理由として予知映像は自分と関係がある内容であり、全体に関係があるものとは言えないからです。

それから私自身の性格として、情報を知ったら全体をくまなく調べて、わかった時点で書くということを好むからです。まだ全体像がわからない段階で、早々に文章に書いたとしても、いたずらに人の興味や注意を引くだけで終わってしまいます。

よく未来はこうなるといたずらに煽って扇動的に書く人たちも大勢いますけど、外れてもしらっとしています(笑)。筆者は事実と違うことを書いて的が外れたら書いたことに責任を感じる性格なので、慎重なだけに、はっきりとわかるまでは書かないだろうと思います。

ただ、これだけは言いたいのが、予知は前頭葉に映像としてみるということです。頭の中で考えることでもなければ、思考を通して語るものでもなく、あくまでも映像がひたいのところに映るのです。そして、その通りになるのですよ。

いつか宇宙とのつながりが深まる人たちが増えていったら、筆者がここで書いている内容を、そうだよ!と同意する人たちも出てくると思います。そのために参考記録として書いておきます。

そして、コリンさんの未来予知はもっともっとすごい内容です。18年前に今起こっている内容を予知として伝えていたと、今日は教えてもらいました。すごいですよ。

未来は決まっているんだなと思います。

宇宙世界は今日も平和です

ミツシュウラでした

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。