モアイ像の背中に彫られた天空図 その2

モアイ像の背中に彫られた天空図 その2

コンタクトマンのミツシュウラです

 

前回は、モアイ像の後ろに彫られた天空図の紹介でした。

今回は、鳥さんの謎に迫ります。

 

ギョテクリテペにも鳥さんが描かれています。

 

どっかで見たと思ったら。

中国の龍遊石窟に彫られた鳥とそっくりですわ。

 

昨日のライブ配信動画で説明しています。

鳥といえば、三星堆遺跡にも鳥がいます。

 

三星堆遺跡の神像は、TIKIに似ています

(三星堆遺跡の神像)

マルキーズ島のTIKIゴッド

 

えええ? 鳥さんと宇宙人やんけ?

中国に沢山出てくるよ。

以下は周礼に記されている鳥人間

 

そういえば、去年奈良で見た青銅器。

以下はイースター島の洞窟絵。

あれれ?

ナスカの宇宙人にも見える。

 

さらに。

以下は三星堆遺跡の神龍に刻まれた文字

 

イースター島の文字に似てる気がする。

 

三星堆遺跡も太陽神鳥を崇拝してますから

 

古代蜀は、洪水で滅亡した伝承と記録が残っております。

 

さあ、面白くなってきた!

 

太陽神鳥と日天子(笑)、宇宙鳥さん。

 

異常気象と末法時代。

 

宇宙からの使者は、すでに現れており

新しい文明を築くのが、地球の友なのだ。

 

 

宇宙世界は今日も平和です

 

ミツシュウラでした

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です