感染する人、防げる人の違い

コロナウィルス

コンタクトマンのミツシュウラです

 

世界各国だけなく、日本国内の感染者も急に増え始めましたね。

 

なぜ日本では新型コロナウィルスが感染爆発しないのか?

 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200327-00033932-president-soci

 

というニュースも出ている一方で、日本もいよいよ感染拡大の可能性が叫ばれており、緊急事態として警告を呼びかけています。

 

数日前は花見で賑わっていたのに、急展開キタ〜!という状況。

 

一体どうしたらいいのか? 

 

と困惑する声も増えている模様。

 

 

 

スーパーでは思った通り、行列と買い出しが始まっており、緊張感が再び高まってきています。

 

 

***

 

筆者は1月中旬から仲間内でこうなってくるという噂をしていたのですが

 

ずーーーっと、その通りの展開になっております。

 

 

噂していたことが、一週間後になっているという感じで、思った通りだなとして、展開を眺めており、今後も予想通り進んでいくと思っております。

 

ですから、備蓄を終えた今は、状況を観察しながらも、目が離せないとです。

 

 

 

 

 

 

なぜか、このブログのアクセス数も急増しております。

 

未来がどうなっていくのかを知りたいと思っている人たちが大勢見ていると思われます。

 

多くの方達は1月からずっと新型コロナウィルスに関して楽観的に考えており、まさかこんな事態になるとは思っておらず、ここ一週間の展開に驚いて、急に不安になっているのだろうと思います。

 

このブログの過去記事を読めば、未来の問題について一貫して言及し続けており、この時代が来るのをほのめかしてきましたので、予知として暗示しているのがわかると思います。

 

だから今、ブログのアクセス数が急増しているのですね。そしてこれからどうなっていくのかを知りたいという気持ちが高まっていると思います。

 

なぜなら正確な未来予知情報は、どこにも書いていないから。

 

このブログだけが正確な情報を持っているからであります。

 

 

 

***

 

冒頭から自慢げにイキったところで、今後の展開について、少しだけ言及いたします。

 

 

まず、専門家といえども、感染経路について言及していませんよね?

 

なぜなら正確につかめていないからです。

 

せいぜい感染者の行動をさかのぼって、どこで感染したかを推測する程度しかできません。

 

これは予知ではありませんから、感染を未然に防ぐことに限界があります。

 

 

 

また、イタリアなどでなぜここまで感染が拡大したのかも、海外がなぜ日本だけは感染が広がっていないか、その理由についても、誰も正確な情報を持っておりません。

 

日本が感染対策が良かったなどという風に楽観的に捉えてしまったら、非常に危険にも関わらず、無知なのを理由に、日本人がすごかったとして、勘違いしている人たちもいます。

 

しかし、ここ数日の間で、感染は急増しております。なぜここにきて感染が急増しているのかも、理由をわかっていないのです。

 

ですから、その理由がわからないと、感染は防げないので、これからも感染は続いていきます

 

 

インフルのように考えて、春には収束すると見切った人たちも大勢いましたが、春になっても、逆に人数は増えています。これもコロナウィルスについて正確な情報を持っていない人間の憶測であったことがわかるかと思いますし、逆に安心させてしまったが故に、外出した人たちが大勢いたため、感染拡大を防げなかったわけです。

 

筆者は最初の時点で、政府が何らかの呼びかけをして対応をしないと、一般の人たちは動かないから、政府が何かを言ったら、急に大勢の人たちが買い出しに走ると思うので、感染拡大のリスクが高まり、物不足になっていくと、1月から行っており、先に買い出しをして備えていることをずっと言い続けてきました。

 

このブログを見ていた人たちと、会員さんたちは、この展開になってもきちんと備蓄をしていたので、慌てて買い出しに並んだ人はいないようです。ですから、今、十分に生活用品と食料品を確保した上で、今後の展開を眺めていることと思います。

 

政府に言われて慌てて行動した人たちが、物を買っており、出遅れた人たちは、買った人を批判するわけですが、これも1月の時点で話していたことなんですよね。

 

まだ物は十分にあるといいつつも、トイレットペーパーやキッチンペーパーなどは足りていないところもありますし、少しずつお店の商品は品切れになっており、購買制限があるものが増えております。

 

1月の時点で武漢の様子を見てわかっていたことですが、感染者が急増したら、陰圧病棟が足りなくなり、病院と医療機器の対応が追いつかなくなるわけです。その瀬戸際になっていますよ。

 

感染者の内訳で一番多いのがやはり病院です。これも最初からわかっていたこと。だから感染者と医師と看護師たちを守るために、国は一刻も早く対応をするべきだと言っても、逆に医師らがインフル同様で安全だから問題ないと、守ろうとしているのに医師に逆に反発されてしまい、対応が遅れてしまったわけです。

 

なぜ感染者が増えているのかがわからないから、防ぐことができず、対応が遅れるわけです。

 

 

惑星連合の人たちは、感染経路がわかっているからこそ、そしてマスクでは防げないとわかっているからこそ、マスクを二重にして、外出を控えるようにと言っているわけですから、その通りにすれば感染拡大は防げたのですよ。

 

そして、ここからが肝心ですが、正しい対応ができていないことが理由で、感染は拡大していくことになります。

 

わかりましたか?

 

 

危険な場所に自ら出向き、防ぐための対策をしていないので、感染するのです。

 

そして人から人に感染させていくだけではありませんからね。

 

感染経路が不明だと専門家は言っており、どこで感染しているかわからないのに、たかをくくって危険なところに自ら飛び込んで、感染が拡大していくのです。ですから専門家は一年はかかると言っていますが、正確にいうと、感染経路がわからないと、防ぐことはできません。

 

さらに、中国では新しいウィルスの報道が出ていますよ。

(わかる人はわかると思います)

 

 

ですから、予知ができない人たちは、自分の身を守りたければ、他国の状況をよくよく調べて、事前に対策を講じるしかありません。

 

都市封鎖になるということは、感染者が増え続けることであり、医療崩壊が起こったら、患者の多くは重傷になっても自宅で過ごすことになり、他都市に(助かるために)移動することもできなくなります。そして死者が増えた場合、感染を防ぐために焼却をどうするか。

 

花見に行ったことを後悔することにならなければいいですが。。。

 

 

冷静に見てわかると思うのですが、ある程度予測して行動を取っていれば防げるのに、楽観的に考えたがために問題に直面し、様子を見ている間に手がつけられないことになる。だから予知通りになっていく。

 

事前に予想できることであってもしっかりと対応して、みんなで防ごうとしないわけですから、対応しない人に対して予知内容を正確に話して、危険だから雪まつりに行くなと言ったところで、行ってしまうわけです。

 

だから、予知通りに進むとです。

 

 

冷静に考えればわかると思う。

 

コロナウィルスに対して、最初から様子見で何もせず、結果を見てから対応をしてきたが故に、感染が拡大したら追いつかなくなり手遅れになります。

 

この先の未来は見えてきますよね。

 

この問題を解決し、収束させるためには、先手を打って行動するしかありません

 

感染ルートを含めての感染の仕組みがわかって、きちんと防衛し、回避し続けることができたら、大丈夫。

 

 

 

それができない人たちは、無謀な行動をとり続け、リスク回避が難しくなり、その先の未来は。。。

 

 

運命の分かれ目です。

 

 

 

 

先日車検に行って久々に外出したのですが

 

筆者にはある秘策があって、コロナを回避するためのグッズを使って安全に過ごせました。

 

 

 

備えあれば憂い無し

 

 

いずれ紹介しますね

 

 

 

宇宙世界は今日も平和です

 

ミツシュウラでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。