東出・杏の運命

コンタクトマンのミツシュウラです

 

重い話題が続いたので、少し軽い話を(笑)

 

東出さんの浮気と離婚問題について思ったことを書きます。

 

二人が共演した(ごちそうさん)はリアルタイムで観て居たので、二人のファンでした。

 

しかし結婚すると聞いた時に、瞬間に(早すぎではないか? 大丈夫か?)と不安がよぎったのです。

 

だって東出さんはまだ駆け出しの役者でしたから、固まっていない段階で結婚するのは?と思ったことを覚えています。

 

ですから、二人の離婚問題が話題に出た時に、(やっぱりな)と思ったんです。

 

予感が当たったなと。

 

 

筆者は子供の頃から勘が鋭く、予感通りになることが多いのと、それをいちいち言わないタイプですが、今回はあえて記事にしてみました。

 

 

だいたい、第一印象でひらめくと、その通りになることが多いです。

 

例えば会った瞬間に、この人信用できないと思ったら、その通りになった場合も、驚きません。

 

やっぱりか

 

と思います

 

 

東出さんと杏さんの話題で盛り上がった理由は、二人が別れるという予感がなかった人にとっては、意外な展開になったので、どちらが悪いとかいいとかの感情論に発展したり、一般化した話題にすり替わったりして、ネタを引っ張るのだろうと思います。

 

 

でも、ある程度予知していたならば

 

やっぱりね

 

で、終わるので、怒りは湧かず、納得するので、逆にすっきりするのです

 

もやもやが晴れるというか。

 

ほとんど怒りはわきませんね。

 

それよりも、その後にどうしたらいいのかを、淡々と処理して、気持ちが切り替わります。

 

だから、予知ができると、感情的にはならないし、引っ張らないと思うのです。

 

 

 

でも、もし東出さんのイメージと違うと思ってしまったら、意外に思うので、がっかりしたとか、失望する感情が湧くのだと思います。

 

思っていたことと違ったと感じると、人は感情的になって、批判したり、許せなくなったり、議論をしたくなるのかもしれません。揉める原因。

 

本当は気持ちをさっさと切り替えて、次の向かうべきなのに、いつまでもぐちぐちと言ったり、引っ張ったりするのですが、これは実は潜在意識に自分からぐっと入れ込んでいるのですよ。(笑)

 

そうすると、なかなか潜在意識から外れないので、沼にハマります。

 

後を引くというか、引きずるというか。

 

 

そもそも、杏さんが選んだわけだから、彼女にも責任があるし、決断したのも彼女だから、仕方がないと筆者は思ったんですよね。東出さんを選んで結婚したのは、彼女だからさ。

 

でも、東出さんが悪いとか、浮気相手が悪いとか、そこまで突っ込んでしまうと、潜在意識に残るので、後味が悪くなりますよ。どうでもいいじゃん他人のことなんだからと思えなくなります(笑)

 

みんな潜在意識に自分が取り込んでいることの自覚がないので、なかなか気づかないんだよね。

 

でも、勘が良くて、ある程度展開が読めたり、予知ができたら、感情的にはならなくなります。

 

意外だと思わないから(笑)やっぱりねって思うだけだから。

 

あっさりするのです。

 

返ってもやもやの正体がわかって、すっきりするわけです。

 

こういうことないですか? わかってすっきりすること。

 

おそらく杏さんもそうだったんじゃないかな。ずっと騙されていて、やっぱり思っていた通りってわかったら、すっきりできたんじゃないだろうか。

 

そしたら、前に進むだけです。

 

いつまでも後をひいてしまったら、前には進めなくなりますから。

 

 

切り替えたら、次の人生が待っている(笑)

 

 

杏さんはこれだけファンが多いから、一生やっていけるのではないだろうか。

 

東出さんは少なくとも人の記憶には残るかもね(笑)

 

 

お互い結婚してなかったらどんな人生だったのだろう?

 

 

たとえ素晴らしい運命の出会いであっても、お互いを大事にしなかったら、関係は終わります。

 

 

それがこの話題で感じたことでした。

 

 

 

宇宙世界は今日も平和です

 

 

ミツシュウラでした

 

 

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。