宇宙トンボが来たそうです

地震予知

コンタクトマンのミツシュウラです

 

ここ2、3日の間、札幌は気温が上下しており、暑くなったり急に寒くなったりして気圧の変化を感じておりました。

 

一気に気温が変わったので、地震が来るかもなと思っていたら、瀬戸内海で地震があったとのこと。年末年始にかけて、一年の中でも地震に最も警戒する時期になりますので、ご注意ください。

 

昨日宇宙トンボが関西で目撃されたそうです。11月27日と最も遅い時期の目撃であります。11月になって相変わらずチラホラと目撃されていましたが、地震の前日にも来ていたそうです。

 

以下にトンボさんの目撃報告を紹介します

 

***

本日、瀬戸内海中部で地震がありましたね…
また、お昼13時過ぎに5秒ぐらいですが、トンボさんが来てくれました。え?トンボさん?寒いのに大丈夫?ありがとう!って言ってる間に太陽の光の方へ行き、眩しくて見えない、って目を細めた瞬間消えて見えなくなりました。

警戒せよ、という事と受け止めています。
いつもありがとうございます!

 

***

 

この時期にトンボがくるなんて、全く考えられませんので、宇宙から来たトンボであることの証だと思います。

 

下記の写真は11月16日12時45頃に撮影されたものです。

 

この翌日は別の会員さんのところに赤とんぼさんがやってきたそうです。

 

まさかこんな時期までやってくるなんてとびっくりしましたが、ちゃんと見ているよという連絡なんだろうと思います。

 

言い換えると、気候変動が進んでいる証しです。

 

 

ヨーロッパやアメリカ、ロシアなどでは、異例の大雪と気温低下となっており、マイナス40度になっていたり、オーストラリアでは熱波となっていたりして、すでに11月というのに異常気候が広い範囲で報道されています。

 

北海道はロシアにも近いので、かなり気温が低下してもおかしくないのですが、札幌はずっと暖かい気候が続いていました。

 

(11月14日撮影)

(11月17日撮影)

 

(11月18日撮影)

 

 

 

二日間は外出をしたために、コリンさんがエネルギーで空を晴らしてくれた様子を撮影しました。

 

11月18日は何もしないため、曇り空だったのですが、本来であればずっと天候は曇りだったのです。

 

こちらの写真は札幌から郊外に向けて撮影したのですが、郊外一体は雲が覆っており、暗くなっているのがわかります。

 

さらに晴らした日の気温は上昇し、一気に雪が溶けており、アスファルトの路面は見えていますが、本来であれば雪が降り積もって気温がぐっと下がる予定でした。

 

本日は大雪ですが、何もしなかったら11月14日以降も雪が続いていたとです。

 

 

先日金スマ(録画)をみていたら、北海道の森崎さんが面白いことを話していました。

 

 

 

あれだけ世界的に異常気象でアメリカやヨーロッパも水害や干ばつや気温低下が起こり、日本は台風による水害や夏の気温低下となっていたのに

 

なぜ北海道の農作物は例年よりも出来がいいのでしょうか?

 

おかしいと思いませんか?

 

このブログを見ていた方達はお気づきだと思いますが、夏に気温が低下している時期に、宇宙の仲間たちが北海道にエネルギーを下ろしたので、気温が低くても太陽エネルギーの熱と作物が育つエネルギーがあったので、全体的に広範囲で豊作となったのです。

 

さらに台風も全部東北からそれましたよね?

 

北海道に届いた頃には熱帯低気圧になるか、海に逃げるかだったと思います。

 

これも宇宙エネルギーの力が加わったからです。チラチラとブログでは書いていましたけどね。

 

 

 

 

 

宇宙世界とつながりを持てたら、素晴らしい未来が待っているとです。

 

 

これからも素晴らしい宇宙世界をお伝えしていきますよ!

 

 

 

宇宙世界は今日も平和です

 

ミツシュウラでした

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。