宮迫も亮さんも悪くないと思う

コンタクトマンのミツシュウラです

 

今日は仕事の合間に、吉本興業の社長の記者会見を見ていました。

 

先日の宮迫と亮さんの会見に大号泣。果たしてどうなるのか。ネットで見ていると。

 

あまりにも歯切れが悪いので、途中で集中力が切れてしまい、見るのをヤメました(笑)。

 

経営者目線で色々と考えたのですが、こういうケース(闇営業)について、事前に想定できるような内容だったよなと思いました。コンプライアンスとか、時代に応じた立ち回りを議論する前に、闇営業に対する危機管理と対応マニュアルがしっかりとできていなかったこと。それが問題が長引いた本当の原因だったと思います。

 

初期段階で、宮迫さんたちがお金をもらっていることも考えて、立ち回りを考えるべきであり、マネージメント側の問題でもあると思います。ただ契約書もなく、自由で対等な立場を持っているのであれば、芸人側にも責任が発生するわけですから、記者会見をさせるべきだと思いましたが。

 

一方でギャラを沢山会社がとっているのであれば、経営側の責任は芸人よりも重くなり管理責任も追及されます。都合が悪くなったら芸人の首を切るというのは、最低レベルの話。

 

とはいえ、首がつながったことは、本当にうれしかったです。

 

***

 

さてさて、この問題に関しては、明らかに世間全体がずれているなと思います

 

罰せられるのは、振込詐欺を働いた集団であるべきです。

 

芸人さんも、吉本側も、何ら悪いことはしておりません。

 

もし芸人たちがこの件で社会的な制裁を受けるのであれば、結婚式の司会者、ホテル側やサービスを提供した人たちも、首を切られるということにつながります。

 

振込詐欺集団に社会的なサービスを提供している人たちは、全員、首を切られて、経営者は責任を取らなければならないという理屈になりますから。写真週刊誌はそこを突っ込みますかね? 

 

いや、芸能人だから、お金になるから、雑誌を出すわけです。彼らの利益のためだけに、これほどの社会の関心を割いている。洗脳されている人が多い世の中は、本当にずれています。

 

ただ、ネット時代ですから、週刊誌側の責任を追及する声もあるわけで、世論は決して一つではないように思いました。

 

***

 

筆者は、振込詐欺集団に対しても、今後は厳しい時代が来るだろうと思っています。

 

人工知能の時代になると、通話内容や、銀行の送金データがビッグデータに乗ると、人工知能が詐欺と判断して、事前に見つかる可能性があるからです。

 

顔認証でどこにいるのかがわかってしまい、すぐに警察に捕まることになります。

 

逮捕された場合、釈放されたとしても、どこにいるのか、監視カメラから履歴がわかり、銀行や電話も利用できなくなる可能性もあるのではないかなと。

 

完全に捕まるとなれば、一生をフイにしてしまうために、大きなリスクがあるわけですから。

 

簡単にお金を稼いで、派手にお金を使っても、いっときは楽しい思いをしたとしても、罪がバレて社会的サービスを受けることが制限されるのであれば、後が大変だろうなと。そういう意味では、いずれ犯罪者たちも大変な運命になるのかもしれませんね。

 

宮迫さん、亮さん、吉本の会社も、彼らは被害者であり、何ら悪いことはしていないのだから、堂々としていて欲しいと思います。

 

悪いのは詐欺集団です。雑誌社のいっときの利益のためだけに、世間や芸人をこれ以上責めるのは、おかしいと思いました。

 

契約解消がなくなって、良かったと思いました。

 

宇宙世界は今日も平和です

 

ミツシュウラでした

 

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。