洪水を抑えるエネルギー科学

地震予知

コンタクトマンのミツシュウラです

 

前回の記事の続きです

 

世界各国の大洪水は、4時間で300ミリで街が水没しており、停電なども起こっているようです。

 

しかし今回の九州の雨量は、そんなレベルではありませんでした。1時間で90ミリが何日続いたことか。。。

 

これだけを見ても、大洪水がなかったことが、ありえない話です。

 

 

しかし、考えてみると、被害を抑えなければ大変な水害だったんだろうなと推測しました。だから惑星連合の介入があったわけですね。

 

そう思ったら、ガクガクします。(地元ですから)

 

そして海外ではなぜ洪水が抑えられないのか、これにも理由があります。

 

勉強してきた方達は、わかるでしょう(笑)

 

宇宙世界には、レベルというものが存在しています。

 

高いレベルもあれば、低いレベルもあり、レベルに応じて科学の力が変わるのです。

 

大洪水を抑えるためには、科学の力が必要です。

 

その方法については、地球人の理解を超えていますが、惑星連合の最高指導者のレベルであれば、科学の力が高いので、可能なのです。

 

 

人間は太陽を作り出すことはできませんが

 

地球も太陽も、惑星連合が作ったものです。

 

だから、海水の塩分濃度は一定しており、酸素と空気のバランスも一定なので、生命体が生きられるのです。

 

雨が降り、海に水が流れ込んだら、塩分はうすくなるはずなのに、なぜ塩分濃度は安定して、生命体は生きられるのか?

 

その理由を地球人にはわかりませんが、惑星連合の科学では説明ができるのです。

 

そこがわからなければ、惑星連合の示す科学の話すら議論できることはないわけです。

 

でも、地球には世界各国には、優秀な頭脳を持った人たちは大勢いますから、いつか理解できる人たちが現れるだろうと思いますよ。

 

そこからエネルギーについてのまともな議論は始まるのだろうと思います。

 

 

水害を抑えたエネルギーについても、その時にわかることでしょう。

 

 

(日本は神様が守っているとか、レベルの低い話ではないからね)

 

 

 

宇宙世界は今日も平和です

 

ミツシュウラでした

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。