リストラが6万人。やばくないっすか?

未来予知

コンタクトマンのミツシュウラです

 

コンタクト記念に寄付をしていただいた方達へのお礼のハガキが完成しました。

寄付をしていた方達への心からの支援に対しての、ささやかなお礼です。

コリンさん直筆の書を印刷しております。

 

ちなみに硯もプレゼントで頂いたもので、国内の最高品を使っております。

濃淡がとても綺麗に仕上がっています。

 

これから発送をしていく予定です。(気長に待っていてください)

 

***

 

大企業のリストラが相次いでおり、6万人に達するとして、話題になっています

 

Twitter / ?

 

 

先日病院に行った人に聞いたのですが、機械化により人員が大幅に削減されつつあるそうで、人がかなりいなくなっているらしいです。いずれ全部機械化するとのこと。

 

時間が過ぎるのが早いこと。

 

2年前に話していたことが、もう現実化しています。

 

 

人工知能と機械化により多くの人たちが、仕事を失いつつあるようです。

 

先日の記事でお伝えしましたが、リストラに加えて大倒産になってくると、さらに多くの人々の職が失われることになります。6万人どころの騒ぎではありません。

 

筆者は今年で50ですが、入社した頃は銀行とか大手企業とかに就職した同期たちは、エリート人生を歩んでいたように思いましたが、すでに我々の世代はリストラ対象なのです。住宅ローンや子供さんの教育費など、一番お金がかかる時期のリストラは、大変なのではないかと、危惧しています。

 

筆者は20代で会社を辞めて中国に移住した時に、将来の年金とか退職金とか色んな安定を捨てることになり、結構悩んだのですが、あきらめて日本を離れたのです。当時は会社を辞めることに対して周りから色々と批判されたものです。

 

ところが、一転して時代は変わってしまい、今や真面目に勤めていた人たちはリストラ対象となり、安定が失われつつあります。会社を辞めて、色んな環境に身を置いてきた人間の方が、生活スタイルを変えることに恐れがなく、環境の変化にも適応しやすいわけです。考え方もずっと柔軟ですから。

 

真面目に勤めてきた人たちが、退職直前になってリストラされるというサバイバル時代に突入しており、再就職先も厳しいでしょうし、年金が今ほどもらえるのかも定かではありません。

 

バブル時代は、まだアメリカとの経済基盤があったから、新規産業の仕事を見つけることも可能だったわけですが。

 

アメリカ自体が厳しい状況であり、中国からも要求を突きつけられており。外交面でも基盤が崩れかけております。だからこそ、不況なんですよね。

 

 

多くの人たちは、目先の未来しか想定していませんが、10年先、20年先、老後をしっかりと見据えておかないと。年金だってもらえない可能性が高いわけです。

 

なぜなら人工知能の社会になったら。。。って話をしても、まぁ通じないわけですよ。そんな深刻な話は楽天家にはウケが悪いので、仲間内に留まります。

 

筆者は、もう50近くになりますが、半世紀に渡り多くの人たちの人生を見てきましたが、楽天的で人の心配やアドバイスに耳を貸さなかった人たちこそ、数年後にはトラブルに見舞われ窮地に立っている話を数多く聞いています。

 

一瞬先は闇だよという主張は、人から聞いた現実の体験を通して語っています。

 

事業をたちあげて意気揚々としていた人が、うまく行かずに会社を倒産させたり、好き放題生きていたら病気になっていたりして、まさかこんなことになるなんてと言う場面を沢山見聞きしています。だからこそ、現実的なのです。

 

多くの人たちはあまり世間と接点がないので、人々の暮らしがどうなっているのかを、リアルに想像すらできておらず、他人の人生の体験から学ぶことをあまりしていない人が多いです。

 

例えば年配の人であれば、介護保険とか、年金とか、色んな手当てとか、どんどん削られて行っており、税金や色んな経費も上げってきております。生活がどんどん苦しくなっており、愚痴をこぼしても誰も聞いてくれないので、ひたすら耐えています。

 

学校には貧困な家庭が増えて、修学旅行や給食費も払えない子供も増えていると学校関係者からも聞いています。不登校、虐待、ネグレクトの話題も多くなりました。

 

農業や漁業関係者も、農作物の不作や土地の変化、魚の変化などを伝え聞いており、話題にもなりますよね。

 

放射能の話だって、医療関係者や親しい人達に起こっている健康問題について聞いておるので、深刻さを知っています。

 

でも現場の話を聞いている人と、そうでない人の間では意見が違います。現実を見ている人たちは、間違っても大丈夫だなんて言わないし、言えないし。

 

しかし、交流範囲が狭い人であれば、直接的に話を聞く機会がないために、想像や空想で物事を判断してしまいます。

 

頼りのネットにも、真実は書いていません。なぜなら普通の人の多くなネットには書かないからです。一日中ネットをしている暇も体力もないですから。

 

情報は、リアルな人間関係から聞かなければ、それらが真実とは判断できません。

 

 

コミュニティの時代だと言うのは、そこなんですよね。

 

 

 

ネットが使えなくなった時に連絡を取り合える間柄が、現実の世界。

 

地震や災害の時こそわかるのです。

 

リアルな世界の人間関係が。

 

 

***

 

 

今から3年くらい前から、今が一番平和でいい時代だよと話しており。そんな感じでいい時代が過ぎようとしています。令和は素晴らしい時代だ、こんな時代になると、人々は口々に時代論を語っていましたが、現実は問題だらけです。(笑)

 

しかし、惑星連合の未来予知は、全くズレがなくいつも正確でぴったりです。

 

未来は惑星連合の予知通りの展開となっており、まさに、一瞬先の闇を未来予知が照らしてくれています。

 

 

コリンさんは、今年は寒くて暑いと予知をしていましたが、まさにその結果となっています。

 

今年は世界的な異常気象で、ヨーロッパは6月なのに40度近くなっているそうです。非常事態となっている模様。

 

日本も今年の夏は暑くなると思います。コリンさんの予知通りとなるでしょう。

 

千島列島では火山が噴火したとありますが、太平洋沿岸ですから、地震活動に注意が必要です。火山噴火は、地下のマグマの状態を示しています。

 

福島原発では、煙が上がっているという情報があり、放射能の影響が懸念されています。

 

経済問題、異常気象、地震災害など、人間では解決できない難問ばかりです。

 

でも、宇宙世界と力を合わせたら、全てが平和的に解決することができます。

 

 

そのために、できることをしながら、今日も頑張って行こうと思います

 

宇宙世界は今日も平和です

 

ミツシュウラでした

 

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。