エネルギーが流せない人

コンタクトマンのミツシュウラです

 

宇宙エネルギーについて色々とわかったので、備忘録として書いておきます。

 

 

宇宙エネルギーを人体に送るときに、個人差があることがわかりました。

 

信じていない人、疑っている人に対しては、全く入っていかないとのこと。

 

信じていない人は、エネルギーを完全にはじくそうです。

 

おそらくですが、疑い深い人たちは、エネルギーが云々の前に、そもそも一切の他人を受け入れず、拒絶しているのだろうと推測します。

 

ですから、信じない人や、疑いが強い人というのは、エネルギーが作用しないので、どんな素晴らしい内容であっても信じないのも当然だと思います。

 

そういう方達はこのブログを見ることはないので(笑)、読者対象としても外しています。

 

***

エネルギーの世界は少しでも疑っている場合、エネルギーが止まるそうです。

少しでも疑いのある人に対しては、エネルギーの流れが遅く、少なくなり、スーッと流れていかない。

 

またエネルギーを扱う側にも同じ問題が起きます。

 

エネルギーを授かったら欲望の意識が高まり、一日何人お客さんが来て、いくら儲かるとか、そういうことを考えた途端に、エネルギーが全く流れなくなるそうです。

 

エネルギー自体が、そういう風に作られているのだと思います。なぜなら、欲に作用するエネルギーがあったら、地球が大変なことになるから。

 

そもそも惑星連合は、お金がない世界だから、欲心が全くない世界ですからね。

 

お金が介在すること自体が、宇宙ではなく、地球だけの実情です(爆笑)。

 

***

エネルギーを流す上で、もう一つ大事なことは、集中力です。

 

宇宙エネルギーを授かった場合に、きちんと流せるか、流せないかにも、個人差があるそうです。

誰もが簡単にできるわけではないとのことです。

エネルギーを流せるようになるまでに、ものすごく時間がかかるようです。

(もちろん、上の世界が見て、エネルギーを授ける人を判断します)

 

エネルギーを授かった場合に、大事なのは、集中力があるかどうか。

 

集中力とは、相手にエネルギーが届くように、良くなるようにと願う思いをかけるということ。その意識の集中力が強ければ強いほど、エネルギーは大きいくなり、強く流れるそうです。

 

私、流せるかしら? できないかも とか、思った瞬間に、エネルギーは止まります。

 

それって、単なる否定的な邪念だからね。

 

集中力がない人ほど、エネルギーが流れないし、流れても少なかったり、止まったりするそうです。

 

 

***

 

やっぱりそうかと、最近わかったのです。

 

筆者が催眠療法をやっていた時代。(ドロレスさんの開発した、エネルギーで瞬時にヒーリングを起こす特別なテクニック)

 

催眠療法を学んですぐに、集客に意識が大きく傾いて、値段をいくらにするとか、無料ではしたくないとか、高価にするべきだとか、人を集めてセミナーするとか、そんなことばかりする人たちがいました。何も始めないうちからお金の話をしていました。

 

書籍を作ってもらわないと集客に困るから、早くやってくださいと急かす人もいましたが、そういう人に限ってテクニックを磨いて、経験を積むことを軽視する傾向にありました。失敗や間違いを恐れる人は、間違わないように、傷つかないようにと、困難を避けて立ち回るので、理想的になりがちです。

 

しかし間違いや失敗を糧にして、自分の足並みで進む人は、同じ失敗をしないで済むために、自分にできる現実的な方法で、人を助ける方に回ります。こっちの方が自然です。

 

催眠療法で、病気を癒すことを目的に頑張っていた時代、筆者はまず経験を積んで、テクニックを磨いて、結果を出すべきだと思っていたので、うまくいくことを目標にしながら、試行錯誤しながら、考えながら、最後まで諦めず、時間やお金を気にせず、できることを一途にやっていました。

 

その結果が実って、現在、宇宙エネルギーで人を癒す仕事ができているのだと思います。(コリンさんが人を癒すのをアシスタントをしながら助けている)

 

催眠療法時代に願っていた世界が現実になり、あらゆる病気がエネルギーによって癒される世界を体験できるわけです。生活ができるかとか、お金の心配などにとらわれず、最終的な結果を出すことを誰よりも重視していたからこそ、ここに来れたのですね。まさに、思いは叶うわけですよ。

 

実は意識や考え方が、宇宙エネルギーと結果に関係していることを、コリンさんから教わることができました。

 

宇宙エネルギーが授かったら、誰でもうまく扱えるわけではありません。

 

実は、人の意識や思いが関係しているということ。

 

体験に基づく現実的な信念がなければ、やっても、うまくいくはずがありません。

 

うまくいくと誰かが言ったから、そういうものなんだよって、壇上に立って叫んでも、自分が体験していなければ、信念が弱いので、人には伝わりません。

 

これもエネルギーの法則なのです。

 

筆者はちゃんとこの辺りのことは、わかっているのよ。だからまず自分が経験したことだけを、コツコツと積み上げるように、伝えるようにしています。

 

 

それと、集中力ってすごく大事です。

 

例えば、これから会報誌を作成して、印刷して、製本して、封筒に入れて、宛名を作って発送する。

 

これをやるとなったら、まずパソコンに座って、取り掛かる。

 

でも、人によっては、だらだらとして、ぱっぱと取りかかれず、買い物しなくちゃ、あれしなくちゃと、別のことを考える。今日ななんか気分が乗らないなとか(笑)お茶でも飲みたいなとか、いろんなことを考えるわけです。

 

それでも、パパッと集中してやって、最後まで終わるまで、気持ちが途切れない、というのは、意識のエネルギーが強く働いて、集中できるから、行動が伴います。

 

これがつまり集中力。

 

この力とエネルギーはリンクしており、集中力の強さと、宇宙エネルギーの強さや流れ具合は、完全に同じなのだそうです。(エネルギーを授かった場合、そしてそれを流す場合)

 

めんどくさいと言ってグズグズしていたら、エネルギーが滞ってしまい、最後までやる力が途切れてしまいます。これは集中力がないから、できないわけです。

 

その力というのは、現実的な結果とつながっているわけです。

 

***

 

何か仕事を頼む時に、何も言わずに、テキパキと、ぱっぱとやってくれる人がいると

 

スッキリして、気持ちがいいと思います。

 

 

だらだらと長話して、どうでもいいことに意識が向いて、結局なんだっけって、言ったことを忘れられたら、イラっとしますよね?

 

集中エネルギーの違いです。

 

 

終わったら、次、何やろうか? あれやろうか、これやろうか

 

気持ちが湧くのは、集中して片付けたら、気持ちがいいからです。

 

達成という、気持ちのいいエネルギーが流れているからです

 

 

反対に、だらだら、グズグズ、ネチネチとしていたら、どんよりして

 

エネルギーが停滞します。

 

なかなか進まない。嫌になった。

 

エネルギーが流れないから、終わらないのです

 

 

 

これらは全て、意識によるものです。

 

 

 

集中力のある人は、あれこれと邪念がわかず、まっすぐ集中できるので、結果も早いです

 

流れているエネルギーが強いから、結果もすぐ出せる。

 

できる!やろう! 絶対にやり遂げよう!

 

そう思ったら、エネルギーは遠くに飛んでいます。

 

もしかしたら、宇宙の果てまでも(笑)

 

 

個人差がありますよ。

 

日頃の意識の使い方の結果だと思います。

 

やろうと思わなければ、エネルギーは飛びません

 

流そうと思わなければ、エネルギーは流れません

 

 

宇宙世界の人たちから、学んで、もっと深く教わりたいという気持ちが強いから、ここまでわかったんです。

 

 

自分の意識の通りにエネルギーは流れるのですね。

 

 

もう、いいかな。別にいいや、という考えだったら、簡単に諦めていたら、ここまでたどり着きませんでしたよ。

 

 

 

宇宙世界を知って、真実がわかり、前に一歩進んだよ。

 

 

 

 

 

 

宇宙世界は今日も平和です

 

 

ミツシュウラでした

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。