運命と潜在意識

コンタクトマンのミツシュウラです

 

ひらめきというのは、潜在意識から来ていると主張して来ました。

 

例えば、財布忘れた!というのは、予知能力です。

 

財布を忘れたら、未来において、困るわけですから、前もって潜在意識がそうならないように、ひらめきを与えるわけです。

 

潜在意識は、完全に時空を超えています。

 

そして、財布を忘れたとひらめいたら、その瞬間に反射神経が反応して、ダッシュで取りに行きます。体が動きます。

 

潜在意識が体を動かしたことになります。

 

これが、前頭葉のひらめきです。

 

***

さて、筆者は運命は決まっていると常々書いています。

 

人が運命として動くときは、潜在意識の働きによるものなので、体が自然に反応することなのではないかなと思います。

 

例えば、筆者は7年前にコリンさんの話を聞いた瞬間に、筆者は会いたいと思いましたし、実際に会い続けました。これは体の反射神経が筆者を動かしたからです。

 

つまり、運命だったから。体が反応したと思います。

 

同じように、会員さんたちの多くは、ブログを読むだけでなく、ずっと講演会に来てくれていました。おそらくは、体が反応したのだと思います。

しかし、コリンさんの話をしても、何ら反応を示さない人も大勢いました。行動しない人も大勢います。

 

 

そう考えると、運命とは、自分の思いでつくるもの(だけ)ではないんだなと思いますよ。

 

むしろ、自分の思いで作ってしまうと、空回りしてうまく行かないこともあると思います。

 

なぜなら、自分で行動しようと思っても、体が反応しなければ、長続きしないから。

 

 

運命だったら、お金も入って来ます。時間も作り出せます。

 

それこそ、トントン拍子。

 

大海の潮の流れだから、逆らうことすらできませんから。

 

それが自然の摂理なのではないかな?

 

知らないで動かされたけれども、結果的に、運命で動かされていたという。

不思議なことが起こって来ます。

 

 

 

ここで強調したいのは、自分がどうしたいかではなくて、体が瞬間に反応したかどうか。

 

体が反応したことが、運命なのではないかな?

 

運命というエネルギーと潜在意識の間には、切ってもきれない関係があると思います。

 

あのときに体が反応しなかったから、反応しないことが運命通りなのでは?

 

あのとき無意識で動いたことが、運命とつながっているのではないかなと思いました。

 

 

 

宇宙世界は今日も平和です

 

ミツシュウラでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。